VSトレーナー中学生

VSトレーナー中学生 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レモンとお散歩をしていたある日、中年のおじさんとその娘さんと思われる中学生が一緒にミニシュナちゃんとお散歩している所に行き会った。
このくらいの年頃のお嬢さんは、お父さんと一緒に出歩きたがらないものだが、一緒にお散歩とは微笑ましいと思った。

次の日、またこのお嬢さんと行き会ったが連れ立っているお父さん風の人も犬も昨日と違うのである。
何なのであろうか。謎である。

だがこの謎はその日のうちに解けた。
どうもこのお嬢さんは、散歩中の目ぼしい犬を見つけては、親しげに近付いてきて根掘り葉掘りとその犬について聞きながら、さりげなく一緒に犬の散歩を楽しむ趣味をお持ちの様なのだ。
何故この謎が解けたかといえば、このお嬢さんの次のターゲットになったのがレモンだったからである。

ちょろちょろと全く脚側歩行のなっちゃないレモンを見て、やおらこの中学生が自分がいかに友人の犬を上手く躾けたかを語り始めた。
『お!?いっぱしのドッグトレーナー気取りか?』すっかり汚れた大人である私は、そんな風に思ってしまった。
だって聞けば彼女自身は犬を飼ったことがないのだと言うのだもの。
それじゃあきっと、たまたまマニュアル通りに上手くいく子に当たっただけなんじゃないの?
そりゃラッキーだったわね。
その頃少しばかり育児(育レモン)疲れしていた私は、少々ひねくれていたかもしれない。

そうこうしているうちに、この中学生が「上手に散歩させるのは簡単だよ。ちょっと(リードを)貸して。」と言ってきた。ムムム、リードはレモンの大事な命綱である。見知らぬ少女に簡単に預けてしまって良いものか。
しかしさっきはこの中学生に対しひねくれた考えを持ってしまったが、相手は情報に敏感なお年頃である。私の知らない、どんな犬でもバッチリ理解できる脚側歩行の教え方を知っているのかもしれない。
少なくともレモンの触り方など見ていると、随分犬慣れしている事は間違いないようである。
『この少女に賭けてみようか。』そう思った私は、思い切ってレモンのリードをトレーナー気取り中学生に託したのである。

『…ああ、なんだ…。その方法ならいつもやってるよ…。』ガッカリである。
トレーナー中学生がやったのは、進む方向にレモンが引っ張ると、すかさず逆方向に進む。その方向にレモンが引っ張るとまたすかさず別の方向へという、所謂リーダーウォークというやつである。それがどうやら上手くいかないと見ると、今度は引っ張る方向とは逆方向にリードを強くクイッと引く、知らない人が見ると犬を引きずり回している様に見えるあの方法をしたのである。
『トレーナー中学生よ。私だってただ日々漫然と犬を飼ってる訳ではないのだよ。本に書いてある様な事は一通りやったさ。それだけで全て上手くいく程世の中甘くはないのさ。それだけ犬とは奥深い生き物なのさ。』
ガッカリしながらそんな事を思っていたが、実は私よりもトレーナー中学生の方がガッカリした様である。
犬の扱いに自信があるようであった彼女は、何を教えようとしているか全く伝わっていない(ように見える)レモンにプライドを傷付けられたようである。肩を落として沈んだ声で「…引きずり回してごめんね、レモンちゃん。」と言いながらリードを返してくれた。そしてそのまま去っていってしまったのである。
彼女は初めて自分の思い通りにいかない犬に出会ったのであろう。初めての挫折、初めての屈辱感を味わわせてしまったのであろうか。

その後彼女が他所の犬飼いと連れ立って散歩をしている姿を目にした事はない。
挫折の1つもしておくべきよ





他所の犬と散歩を楽しまなくなったのは、勉強が忙しくなったからなのか、それともレモンとの一件で自信喪失したからなのか!?トレーナー中学生の明るい未来を祈りつつポチッとお願い
20060131004315.gif

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメントありがとうございます♪大変励みになっております♪
お気軽にどうぞ!
  ライラ
中学生トレーナーは今新しい知識をいっぱい詰め込んで出没してくるのではないでしょうか?
そうそううちの姉ケアンもレモンちゃんのようによく椅子の上でこの様にくつろいだり眠ったりしていますよ。なんでここなの?といつも思いますが?
ちびケアンが先日膝を剥離骨折してしまい今首にはエリザベスカラーを右足には固定をしています。が、じっとしていず更に姉ケアンが遊ぼう!と誘うので大変です・・・ふぅ~~
2006/03/30(木) 23:11 | URL | ライラ #-[ 編集]
  ヒゲ丸
おばさん小学生にトレーナー中学生とあわさんの住んでいる周りにはネタに困らないキャラがたくさんいて楽しそうですね。

それにしてもレモンちゃん容赦ないですね。
でも、トレーナー中学生にとっては大人の階段を登るためのいい経験ですよ。多分。
レモン姉さんはそこら辺を分かって、あえて中学生に試練を与えたと解釈してみてはいかがでしょうか?(笑)
2006/03/30(木) 23:29 | URL | ヒゲ丸 #-[ 編集]
  Sarhto
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
中学生トレーナーさんは
今ごろどうしているんですかねぇ~
リベンジしにやってくるのかしら??
((o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o))

応援ポチ凸
2006/03/31(金) 17:55 | URL | Sarhto #z8Ev11P6[ 編集]
  ニキティ
レモンちゃんようやったったなぁ~。
中学生に容赦なくプロの洗礼を味わわせてやったのね。←何のプロ?犬のプロ?
挫折を経験してこそ成長するのです。
レモンちゃん、ちみはいたいけな中学生を大人にしたのですね。
言わば初体験させてやったのですね。むふふ。
2006/03/31(金) 21:03 | URL | ニキティ #-[ 編集]
  ナルトママ
あはは~。
犬の訓練はそう簡単なものではありませんよ~。ナルトもリーダーズウォークはダメっぽいです。今日ちょっとやってみたら、いっそうひどくなりました(爆)噛まれたし・・・v-406
ちなみにナルトは引っ張れば止まる。と言うやりかたでいくらかましにはなりましたよ~。でも、ずーっとは無理なんで自由にさせる時間も作ってます。それくらいでいいかなと(笑)
2006/03/31(金) 22:21 | URL | ナルトママ #-[ 編集]
  
e-19ライラ様
あの中学生成長して現れるでしょうかねぇ。
剥離骨折とはまた大変な。ケアンに安静は苦手そうですよね。お大事に。


e-19ヒゲ丸様
ネタになりそうなキャラはとりあえずこれで打ち止めです。また新たに面白いキャラと遭遇する事があればご紹介していきます。
トレーナー中学生、この挫折を乗り越えて成長してほしいものです。


e-19Sarhto様
本当に今頃どうしているのでしょうね。
とんと見かけなくなってしまいましたからね。
でもリベンジするなら他の犬でどうぞって感じです。やっぱりリードを他人に渡すのはちょったなと思いますので…。


e-19ニキティ様
そうです。強烈なプロ(?)の洗礼です。
本当にドッグトレーナーになりたいとか思っていたなら、レモンよりももっとずっと難しい子のお相手をしないといけない事もある訳ですから、彼女にとっても現実の厳しさを考える良い機会になったでしょう。


e-19ナルトママ様
私も冬になる前は引っ張ったら止まるというのもしてましたが、寒さに負けました。暖かくなったら再開する予定です。
その犬のツボみたいなものを掴めばすんなり教えた事を理解して貰えたりするのでしょうが、それがなかなか難しいんですよね。その犬の性格によっては“いくらかまし”な程度にしか改善されない事柄もあるようですしね。
2006/03/31(金) 23:55 | URL | あわ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lemonto.blog48.fc2.com/tb.php/70-bd817fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。