すぐウルウルしちゃうのは年のせい?

すぐウルウルしちゃうのは年のせい? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

いつものようにレモンとお散歩。
いつものようと同じ広場にてボール遊び。
変わりばえのない日々である。
ブログのネタには困るが、何もない普通の日々が何より安穏である事の証であろう。

そんな平和を噛み締めつつボール遊びをしていたら、見覚えのない一人のおばさんがニコニコ近付いて来た。
わんこ好きな方なのであろう。レモンと公園で遊んでいると、時々そんな方から声を掛けられる事もある。

しかしそのおばさん、なかなか立ち去らない。
普通は一言二言、会話を交わしてわんこをちょいと撫でるくらいで立ち去るのがこういった犬好きの方の常である。
『何だろうなぁ、このおばさん。』と、少々訝しく思い出した頃、そのおばさんは「実はウチにも犬がいたのだけれど、亡くしてしまって…。」
ああ、成程。
わんことのコミュニケーションが懐かしかったわけだ。
「あの、いつ頃亡くされたんですか?」と聞いてみると、3年前に18才で他界したのだという。
18歳とは大往生ではないか。きっと大切にされていたのだろう。
18年間ご苦労様。わんこを大切に育てて下さってどうもありがとう。
何故だかそんな気持ちになって、ちょっとウルウルとしてしまった。
その方は、「また犬を飼いたいなぁとは思うけど、何だか前の子に悪いような気がして。」と言う。
いやいや、わんこを大切に愛しみ育む犬飼いさんには、是非ともまたわんこを迎え入れて欲しいのである。

時々、溢れんばかりの愛情を注ぎ、かと言って過保護ではなく、正しくわんこと付き合ってきた優良犬飼いさんが、愛犬との死別でこんなに悲しい思いをするのなら、もう二度と動物と暮らさないと決心してしまう方もいる。
亡くされたばかりであれば、そう思うのも無理もないのだが、悲しい気持ちが癒えても決心だけが硬く心のしこりのように残って、本当に何も飼わなくなってしまう。
しかし、優良犬飼いさんが減れば、それだけ世のまだ家族と巡り会っていないわんこの、幸せを掴むチャンスが減ってしまうという事になる。
人間だって一生のうち、自分が責任を持ってその一生を見守れるわんこ達は、余程恵まれた環境にない限り、せいぜい数匹~十数匹といったところではないだろうか。そう考えるとボヤボヤしてはいられない。
前のわんこを亡くして、その死を悼むのに3年費やしたなら十分である。いや、こういう事は時間ではないのだが、こうして他の犬飼いやわんこに声を掛けたり出来るのなら、もう次のわんこを迎え入れる心の準備は実は万端なのだと見て取った。
こういう方に是非また、わんこと暮らす楽しさを思い出して欲しいしそんな方に見初められたわんこも幸せになれるのではあるまいか。
そう思ったので、少々お節介かと思ったのだが、「ウチのもこれが3匹目だけれど、また(わんこと)暮らすといいですよ。前の子の代わりっていうんじゃなくて、前の子とはまた別の子と思えますよ。」と言っておいた。

前の子に対して悪い気がするというのは、その子の事を忘れて他のわんこに愛情を注いでしまうのではないかという思いからなのだろうが、実は次の子を迎え入れた方が、忘れるどころか前の子を思い出す機会が増える気がする。
似た仕草をすれば、あの子もよくこんな格好していたなと思い、前の子とは違う反応をすれば、あの子とはここが違うのねと思う。
前の子と比べているというのではなく、新たな子との付き合いの中で前の子のフィルターを通して新たな子の色々な性格を発見しているといった感じである。
これはまた新たな楽しさであり、喜びでもあるので、是非この18年を見取った方にも体験して欲しいと思ったのである。

タイミング良く、ここでレモンがその方に「ボール投げて!」とボールを持っていったのである。
ナイス!レモン。

ウルッときちゃいました。

少しレモンとボール遊びをして、犬と暮らす楽しさを思い出されたならいいなと思ったのであった。






私もレモンを大切に育み大往生させたら、また次の子を是非とも迎えたいよ。
いや、本当はそうなる前に迎えたいんだけどね。ポチッとお願い。

20060131004315.gif矢印←それ、ぽちっとなクリックお願い!

拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメントありがとうございます♪大変励みになっております♪
お気軽にどうぞ!
  
今日の記事、すごく感動しました。
私はまだ動物を看取った事がありません。(文鳥以外で)
なのでその時、自分がどのような心境に陥るのかわかりませんが、もしも私がその方と同じように先代の子を忘れられず、次の子を迎え入れることに躊躇していたとして・・・
今日のあわさんのお話しを聞いたら、きっと前向きに気持ちを切り替えることが出来るでしょう!
レモンちゃんもきっとふたりの会話を聞いていたのでしょうね!自分の出番をちゃ~んとわきまえてるものねぇ!
今日の出会いで、その方も前向きになれたらいいですね!
2007/07/26(木) 09:29 | URL | はなくそねこ #-[ 編集]
  
なんていいお話なんでしょう。。。

子供の頃から猫ちゃん、わんちゃんを飼っている家庭で育ちましたので数回見取ったことはあります。
今、実家に今いるのはシーズー1匹になりました。
亡くした子は何年経っても忘れられないものです。
でもあわさんの仰るように前に飼ってた子と比べたりするのではなくて新たな発見などがありますよね☆


その素敵な元犬飼いさん。。。ぜひともまたかわいい子と巡りあっていただきたいものです。
あわさんの一言でその方とっても気持ちがらくになったのではないかと思います☆
2007/07/26(木) 11:18 | URL | スムチー母 #-[ 編集]
  
この文章を読んでウルウルしてしまった私も年に違いない。
ただ会社の昼休みにウルウルするのはちょっと反省...
なんだかおばさんの飼っていたワンちゃんは幸せだったんだろうなぁって思います。
2007/07/26(木) 12:35 | URL | 2匹のコーギーとDavid #pYrWfDco[ 編集]
  
私も年々涙腺が脆くなってきて困ったモンです。
うちの2号は見た目シーズなのでお年寄りに大人気なのですが、お年寄りの方に「あーウチにも去年まで同じのがいたのよ~」と等と言われる事が多いですよ。
目を細めて2号を見て嬉しそうにしている姿を見ると、私もジュワ~ときてしまいます。

考えたくないけどこの子達とお別れする時がきても、私は2度と飼わないとは言わないだろうなあ。
きっと寂しさに耐えかねて、次の日には里親探しで次の子を探しちゃうと思います。
2007/07/26(木) 12:43 | URL | かえる #PR6.u/TU[ 編集]
  
次の子を迎える準備期間は人によってさまざまですよね
でも、亡くしてしまった悲しさを乗り越えた方は自然と迎えるんでしょうね
比べたり、思い出したりすることが
亡くしてしまったワンコへの一番の優しさですよ
だってずっと心の中で生きているんですから
2007/07/26(木) 19:00 | URL | ネコ娘 #-[ 編集]
  
あわさん、とてもいい記事ですね
うんうん!と納得しながら拝見しました
前の子に悪いと思う。←ベリエもちーちゃんを迎えたとき前のワンコちび丸に悪いと思いました・・・
だけど、ちび丸とちーちゃんは別犬なんだよね
ちーちゃんはとっても愛おしくて可愛い♪けど、ちび丸のことを忘れた訳ではないんです
ちび丸はベリエの心の中で生きてるんだもん
たまに「ちび丸はこんなことしなかった・・・ちび丸は静かでお利口だったなぁ」と比べてしまうけど(笑)
ちび丸もちーちゃんもベリエにとって、世界に一匹だけの大切なワンコなんです
2007/07/26(木) 21:12 | URL | ベリエ #-[ 編集]
  
自分がお世話していた子が亡くなる辛さは経験者しかわかりませんね。
私も龍ちゃんが亡くなって1カ月もたたないうちダイちゃんと
縁があったので複雑といえば複雑だったかもしれませんが…
亡くなった子との思い出は一生忘れるものではないし…
悲しんでいても戻ってきません…。
かえるさんが言うよう悲しみに耐えれず次の子を迎えるのは
ありえる話でしょう。
涙は思い出す度に流れますが新しい子を迎えると同時に
亡くなった子との思い出が笑いに変化するのも実際のことです。
良い意味で新しい子と比べたりしていつの間にか悲しさも
薄れていくのです。それでいいのでは?って思います。
これも…縁なので縁があれば向かい入れてあげたらって思いますね。

うちも3ワンになりましたがその中で亡くなった龍ちゃんも
同じ気持ちでいます。
わんちゃん大好きな人はわんちゃんなしの生活って考えられないと思います。
縁よね~縁…。
2007/07/26(木) 22:59 | URL | Club thomas 母 #-[ 編集]
  
e-53はなくそねこ様
多頭飼いだと1匹飼いとはまた違う経験をされる事になると思います。
今からこんな事を言うのは何ですが、1匹が先に旅立つと残されたもう1匹が気落ちして、時には後を追うように旅立ってしまうという事があるそうです。
残された子も相棒がいなくなって悲しい上に、飼い主さんがその子の事ばかり考えてしまって、自分だけ取り残されたような孤独感で元気をなくしていくのではないだろうかというような話を聞いた事があるので、まだまだずっと先のことですけどその時が来たら、残された子達に悲しい気持ちを声に出して話してあげてくださいね。
わんこもにゃんこも本当に家族なのですから、皆でその気持ちを分かち合えると思いますから。
そして、「あなたも相棒がいなくなって寂しくなっちゃったけど、ちゃんと私がいるからね。」と伝えてあげて下さいね。
聞いた話ばかりで恐縮なのですが、意外と残された子達に心配掛けさせまいと、無理しちゃう方も少なくないそうです。
でも一緒に暮らしている彼らにはそういう事も敏感に察知してしまうので、お互いに辛くなることもあるようです。
一緒に悲しみ、一緒に立ち直っていくのが一番いいのではないかと思います。
今からその時のことを考えたくはないけれど、立ち直りのセオリーを知識として心に止めておくだけでも、悲しみは悲しみとして素直に受け止められやすくなるのじゃないかと思います。
しんみりとした話になってしまいました。すみません。


e-53スムチー母様
既に経験があると、次の子を迎えるのに躊躇はないですよね。
今まで看取ってきた子達の事を忘れてしまうわけではないと、経験的に知っていますからね。
人も動物も誰かの代わりになれる命は一つもないんですよね。
どの子もたった1匹、たった一人のかけがえのない者なんですよね。
今度あの方にお会いした時に、傍らに可愛い子がいたらいいなぁと思います。


e-532匹のコーギーとDavid様
お仕事中にウルウルさせてしまってごめんなさいi-229
本当におばさんの愛犬はとても愛されていたのでしょうね。
きっととても満ち足りた気持ちで旅立っていけたのではないかと思います。
いつかレモンが旅立つ時も、そんな気持ちで行かせてあげたいです。


e-53かえる様
お年寄りの方から言われると、ホントじゅわ~ですよね。
また次の子を迎え入れた方がいいとはちょっと言えませんし。
切ない気持ちになりますね。

次に日にはもう次の子を探しちゃうっていうのもまたある意味、凄いバイタリティーかも。i-229
でも気持ちは分からなくはないです。


e-53ネコ娘様
ホント、こう言っちゃなんですが、亡くなった祖父母の事を思い出す機会はあまりないけど、先代達の事は本当によく思い出します。
あの子達がいたから、犬との暮らしの楽しさを教えて貰えたし、レモンがいるからあの子達との楽しかった事を思い出せます。
レモンと一緒に過ごす時には、あの子達も確かに私の中にいるんだなぁと思います。


e-53ベリエ様
そうそう。
返って前の子の代わりのつもりで迎えてしまうと、どうしたって同じ子ではないですから、むしろ前の子はもういないのだという事を実感させられて辛くなるかもしれません。
あの子はあの子、この子はこの子。
全く別なんですよね。
それぞれの子をそれぞれ愛しく感じるものですよね。
2007/07/26(木) 23:29 | URL | あわ #PTRa1D3I[ 編集]
  
e-53Club thomas 母様
きっと、もう2度と飼わないと決心してしまう方は、最後の方の悲しい日々が強烈に記憶に残って、その子を迎えたばかりの頃や、元気だった頃の楽しかった日々の記憶が薄れてしまっているのではないかと思うのです。
でも、次の子を迎えると、薄れてしまった記憶の楽しかった日々を嫌でも思い出しますよね。
そうだ、あの子もこんな風にして遊んでた!とかね。

多分わんこなしの生活が考えられない犬飼いにとって一番辛いのは、自分が年をとり過ぎて、自分がお世話できるのはこの子が最後という子を看取った後じゃないでしょうか。
自分と同じくわんこ好きの子供と同居していれば、ずっとわんこと一緒の生活も望めますけどね。
2007/07/26(木) 23:43 | URL | あわ #PTRa1D3I[ 編集]
  
大切に飼われてたんですね~
亡くしてからもこんなに思われるなんて、、
なんて幸せな子だったんでしょうか。
是非、もう1っぴき、幸せな子を増やしてほしいものです。
なんだか、ペットブームでひどい飼い主のことを
耳にすることも多いですが、こんな素敵な飼い主さんも
いると思うとほっとしますよ。
いいお話をありがとう~
2007/07/27(金) 00:07 | URL | nori #-[ 編集]
  
ホロリときました。
私もその方と同じように考えてしまっているのです。
あの子に悪いんじゃないか、って。
世の中には明日をも知れぬ命の子が沢山居るので、その子たちを家族として迎えられればと思っているのですが…
もちろん今は犬を迎えられない状況ですが、もし現実的に迎えられる状態となっても、はじめの一歩を踏み出せないかもしれない気がするのです。
前の子と比較とか、今の子の方が可愛いとか、そういうことが無いと頭では分かるんですけどね。要するに兄弟を持ってる親御さんみたいなものですものね。子供は何人居ようと平等に可愛いでしょうし。って子供いないから分からないけど。

レモンさん、その方の気持ちが分かったからボールを持っていったのかもしれませんね♪ワンコは敏感ですから!
2007/07/27(金) 07:04 | URL | 目黒さゆり #ecUM21Fs[ 編集]
  
良いお話ですね。
読んでいて私もウルウルしてしまいました。
レモンちゃん、ナイス!!!
何か、レモンちゃんにも心通じるものがあったのでしょうか?
今度、この方と会う時、この方も犬を連れていたら良いですねぇ~i-184i-179
2007/07/27(金) 13:00 | URL | fuku #-[ 編集]
  
18歳か~。
本当に大事に育てられて、そのワンコはきっと幸せだったんでしょうね!
私の会社の同僚で、先日17歳になるワンコを亡くされた方が「犬がいると生活が制約されるからね~。もう飼わないわ」っておっしゃってましたけど。
確かにいろいろと時間取られますよね。
でも、一緒に暮らす楽しさや幸福感は何にも代えられません。
パートナーを亡くされた優しい方が、また素敵な新しいパートナーとめぐり合えるといいですね♪
2007/07/27(金) 20:45 | URL | kaoru #-[ 編集]
  
そのお方 レモンちゃんと 少しでも遊ぶ事が出来たのですよね。
わんことの楽しみを思い出してくださってればいいですね。
わんこを亡くしてもう二度と飼わない、って人と
寂しいからどうしてもわんこがほしい って人と
両極端だと思いませんか?
人 それぞれなので、何も言おうとは思いませんが、
もう二度と飼わないって言う人に出会うと
少しかわいそうになります。
まぁこれは ねいねが寂しくてたまらない方の人間だからでしょうけど・・・。
ただ 年を取っていくと やはり考えます。
子供のいないねいねは特に・・・。
今から 若いわんこを育てて もし自分の方が先に逝く事になったらどうしよー、ってね。
年取ってから飼う時は 自分が居なくなったときの事もちゃんと考えておかないと
なかなか一歩踏み出せないって事もあるのですよね。

わんこ名義の預金でも 残しておこうなかぁ?
2007/07/27(金) 23:17 | URL | ねいね #.PIo7KkU[ 編集]
  
e-53nori様
本当はこういう飼い主さんの方が多くて、酷い飼い主は特殊だからニュースになったりするのだと思いたいですけどね。
良い飼い主さんは、良いか主であるというそれだけで、確実にその方の所で暮らすわんこを幸せに出来るのだから、是非とも可愛い子と巡り会ってほしいですよね。


e-53目黒さゆり様
そういえばさゆりさんも、大往生で見送ってあげたんでしたよね。
私も子供を産んだ事はないですけど、確かに兄弟を持つ母の気持ちに近いかもしれませんね。
さゆりさんにもさゆりさんの愛情を心待ちにしている子がいると思いますので、その時にはあんまり頭で色々考えずに、直感でグイッとその子を引き寄せてみてください。
絶対に後悔はしないはずですよ。


e-53fuku様
レモンは実は誰にでも、ボール投げて~って催促に行く子なのですが、その方は「まぁ、気を使ってくれて良い子ね。」と仰って下さいました。
もう本当にその方は、理屈では次の子を迎えるのに躊躇があっても、理屈以外の部分ではわんこを求めているのではないかと思うんです。
是非とも次にお会いする時には、良い子に巡り会っていればいいなぁと思うのです。


e-53kaoru様
次の子を迎えない理由が時間の制約とかであれば、私もその方には次の子を迎えることをお勧めしなかったと思います。
わんことの暮らしはかけがえのない幸福な時間の共有ではあるけれど、それと共にやはりそれなりの覚悟も引き受けなければなりませんからね。
でもそういう覚悟さえあれば、やっぱりわんこと暮らすのは楽しいことですよね。


e-53ねいね様
そうなんです。
私も子供を産む気配がないですから、この子が最後の子っていう時が必ず訪れると思うのですよ。
でなかったら、自分よりもうんと若い子を2、3人、お互いに何かあったら残されたわんこを責任もって引き受け合おうねみたいな約束が出来る、犬大好き仲間としてキープする努力をしないといけませんよね。
そういう不安を持つ方を対象にした、もしもの時にはわんこを引き受けてくれる有料の施設が実は北海道にあるのですが、そういう所がどんな風にその後のわんこ達を管理しているのか凄く興味があります。
お値段も1匹数百万円からの引き受けなのですが、きちんと管理しているのなら、そのお値段がそうべらぼうに高いものとも思えません。
毎日のフード代や季節ごとの注射や薬代、老犬になれば医療費もバカにはならない筈ですからね。
確か日本ではペットに遺産相続は出来ないとなっていると思うのですが、他所の国では時々遺産を相続されたペットの話なんかも聞きますよね。
それって実質的にはどういう風に遺産管理されるんでしょうね。
2007/07/28(土) 02:08 | URL | あわ #PTRa1D3I[ 編集]
  
このお話、心がほんわかするような・・でも少ししんみりして
しまうようなお話ですね。
あわさんが会われたおばさんの気持ち 犬飼いだったらよーく
わかりますもん。 私は今の子が亡くなったらその後、いったい
どうするか・・どうなるか・・わからないですけど 
ぼんやりしながらも、やっぱり生きているからお腹がすいたり
するんでしょうね。(笑) みなさんのコメントを読ませて
いただいて やっぱみんな同じだな、犬を愛してるんだなぁって
つくづく感じました。 このおばさんやあわさん、みなさんと
暮らしているワンコは本当に幸せで、もういない子はきっと
幸せだったに違いないですね。 そして幸せな子がもっともっと
増えて欲しいってものすごく単純に、思ってしまいました。
だからこのおばさんにもまたきっと、新しいステキな出会いが
ありますように・・。v-22
2007/07/28(土) 08:44 | URL | greendog #mQop/nM.[ 編集]
  
愛犬を亡くされて悲しい思いをされている方に、どのように声をかけたら良いのか、本当に難しいですよね。
私の場合は、ただ思い出話を聞いて欲しかったかなぁ。
私もドロシーが来てから、前の子を思い出す機会が多くなりました。
後悔ばかりしていた事が、それで良かったんだと思ったり、何て良い子だったのだろうって今更感心してみたりしていますね!
2007/07/28(土) 22:39 | URL | グリンダ #-[ 編集]
  
e-53greendog様
良い犬飼いさんには本当に、立ち直って頂いて、またわんこを幸せにしてあげて欲しいですよね。
そして自分自身も、わんこを幸せにしてあげられる犬飼いであるよう、精進したいものです。


e-53グリンダ様
亡くされた直後くらいだと、本当に声のかけようがないですよね。
でも自分から他のわんこや犬飼いに声を掛けられるくらいなら、もう随分と悲しみは癒えているのではないかと思いました。
どうしても亡くした直後だと、愛犬の具合が悪くなってからの記憶の方が鮮明で、あれこれ思い後悔等もしますけど、次の子が、前の子との楽しかった頃の記憶の橋渡しを随分してくれますよね。
2007/07/29(日) 00:56 | URL | あわ #PTRa1D3I[ 編集]
  
おひさしです。
あわさん の気持ち すっごくわかります。
そう! そこまでワンコを大切に思える人たちには 別れは相当キツいのも分かるけど やっぱり 1頭でも多くのワンコを幸せにできる力があるのだから いつまでもワンコと暮らして欲しいですもんね。
私も思った。こんなにつらいなら。。って。
でも人生に出会えるワンコはそんなたくさんいるわけではないのだから いろんな子と出会って幸せにしてあげられたらって
思うんです。
うちの母がいってたのです。
「犬にとって 飼い主に、きちんと見送ってもらえる事は最高の愛情なのだから」って。
本当にそう思う。
ドイツ系の祖母に母が昔から言われていた言葉だそうです。
幸せにする努力も必要だから たんぽぽも頑張らなくてはです。

2007/08/01(水) 23:11 | URL | たんぽぽ #-[ 編集]
  私も・・・
子供の頃から飼ってた秋田犬を16歳手前で亡くした時悲しすぎて二度と犬は飼わないって決めたけど…マルチーズのチッチ君を迎え!!
チッチが癌で闘病の末14歳の手前で亡くなった時もサスガに凹み・・・
もうチッチ以外のワンは飼わないって決めてたのに…
数か月後…前の飼い主さんがもう飼いきれないって事でとりあえず預かるだけならって我が家に預かったチップ!
今でもチッチの遺骨を埋葬できないで手元に置いている私ですが…
チップがきてから気が紛れることが多くなり…
ブログも始めお友達も増えました。

内心チッチに悪いって思ってた私ですが
あわさんのブログ読んでこれでよかったんやな~って
励まされました。

ありがとうございますv-360

それとチップのマグカップをお願いしたいなって思ってるんですが…
チップのデザインとかお願いできるんでしょうか?
2007/08/03(金) 14:03 | URL | あっちゃん #PXXG49oI[ 編集]
  
e-53たんぽぽ様
>「犬にとって 飼い主に、きちんと見送ってもらえる事は最高の愛情なのだから」
本当にそうですね。
前の子に教えて貰った色々なことを次の子に生かせれば、前の子に対する感謝の気持ちなどもまたひとしおですしね。


e-53あっちゃん様
きっと大切にされて旅立っていったわんこ達は、また自分と同じ様に楽しい思い出を作る子がご主人様の所に表れればいいなぁと思っているのじゃないかしら。
ご主人様に悲しい顔をさせて旅立ってきてしまったことが少し気掛かりだと思うんですよ。
でも自分の代わりにご主人様に笑顔を運んでくれる子がいると安心して旅立てる気がするんですよね。

チップ君のマグカップッですね。
承りました。
少々お待ち下さいね。
2007/08/03(金) 23:43 | URL | あわ #PTRa1D3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lemonto.blog48.fc2.com/tb.php/438-9952f492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。