fc2ブログ

そんな、おおげさな…

そんな、おおげさな… に関する記事です。
プロフィールにもあるとおりレモンはジャックラッセルとケアンテリアのミックス犬なのだが、ミックスらしさはまるでない。ミックスだと言わなければケアンテリアと間違われる。もっともケアンテリア自体、そうしょっちゅう見かける犬種ではないので、ケアンを知らない人からは「なんて犬ですか?」と訊かれる。
どちらにしても、ケアンとジャックのミックスだと丁寧に説明する事になるのだが、これがもう何度も訊かれるとだんだん面倒になってくる。
相手にとっては私に対する初めての質問でも、私にとってはまさに異口同音。ミックスや希少犬種を飼ってる人が、私と同じようなボヤキをもらしているのを時々目にしたりするが、私もレモンを飼ってその気持ちが良くわかった。とは言え、風変わりな犬を見かけたら訊いてみずにはいられない気持ちも良く解る。
それではどうしたらいいか。
私の経験から、熱意を持って気持ちテンション高めに尋ねられた場合、意外とうんざり感もなくきちんと説明してしまうが、なんとなく他に話題がなかったとか、さしたる興味もなしに訊いてしまった。またはそう疑ってしまうほどのテンションで訊かれた場合は、こちらも『…ああ、またか。やっぱりちゃんと説明しないのは不親切ってものかな…』とそっとため息の一つもついてしまうのだ。
よって、この質問はまずここで訊かなければ夜も眠れないかどうかを己に問い、そうでなければうちに帰ってから犬図鑑でも調べてみようと秘かに決心して質問は胸にしまっておくか、どうしても訊いておかねばという熱意を充満させた後、なんだったら頬でも火照らせながら心底知りたいのオーラを撒き散らして質問にいたるべき。なのではないかと思う。
のびれもん
ま、レモンにとってはどうでもいい話。






20060131004315.gif

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメントありがとうございます♪大変励みになっております♪
お気軽にどうぞ!
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lemonto.blog48.fc2.com/tb.php/3-f9bc8ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック