テンションの下がるヒモ

テンションの下がるヒモ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

先日のレモン脱走事件の時、隣の公園の芝生が気持ち良かったようなので、これは盲点だったと、お散歩お休みにするつもりでいたが夜になってから隣の元(?)児童公園へレモンを連れて行ってみた。

以前正しく児童公園だった頃は、公園の看板にペットを連れて入ってはいけないという注意書きがあったような気がしたが、改めて読んでみるとそんな事は書かれていなかったし、ゴールデンタイムに突入している時間帯では、誰も公園にいないので超ロングリードを付けて、ついでに呼び戻しの訓練もしようという魂胆である。

とりあえずは好きなだけ走りたまえと、超ロングリードの端を握って例えリードがピンと伸びても道路に飛び出すことのないように、公園の奥へ行ったのである。
しかしレモンは、脱走した時のようにハイテンションで走らなかった。いつものお散歩の時と同じくらいのテンションである。
一体どういうことなのさ!?あんなに喜んでたから連れてったのにさ!!隣の公園だからたいした労力ではないけど、でも蚊に3ヶ所も刺されたんだからね!期待を裏切ってくれるじゃん!!
しかし、思えばレモンはリードの何たるかを知っているっぽい犬である。『リード付きで走ったってつまんないもーん。』って事なのか?だがお前みたいな呼び戻しも出来てない犬を、こんな無防備な所で放すわけにはいかんのじゃ。

この後レモンを自室に誘うと、今日はきちんとした散歩をしていない事もあり、いやもうぐずる、ぐずる。いつもの倍ほどのぐずりっぷり。これをそのまま放置していてはそのうちレモンは我儘犬になるんじゃないかと思い、どうしたものかと悩む事数十分。
以前読んだ躾本に、飼い主の言う事を聞かない我儘犬の躾け方で、家の中でもリードをつけて、よろしくない行動をとったら何食わぬ顔をして、リードをクイッと引っ張るという方法が載っていたのを思い出した。早速リードを付けてみる。するとレモンはこの後も暫らくぐずってはいたが、リードを付ける前と比べ明らかにテンションが下がったのである。魔法のように言う事をよく聞きだしたわけではないが、レモンにとってリードとは散歩の前以外はテンションの低くなる物なのか?
“リード=不自由”という図式がちゃんと解っているのだろうか。

怒る気にもなれないわ







好きに走り回り好きに吠える自由を!!と叫びたいレモンと、そうは行くかと思っている飼い主に、ポチッとお願い



fuku様 かえる様他 拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lemonto.blog48.fc2.com/tb.php/194-223f4d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。