2009年08月

2009年08月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

すっかりサボり癖が付いて、気が付けば8月も終わりかけである。
こんなブログでも楽しみにして下さっていて、ちょいちょい覗きに来てくださっている方もいるようで、嬉しいやら申し訳ないやら。サボっていてすみません。

私もレモンも相変わらずと、言いたい所なのだが、レモンのお散歩拒否が進行して本格的にお散歩嫌いな犬になりつつある。
この前の前の記事にも書いた通り、河川敷でやっているバーベキューの臭いが嫌なのと、時折聞こえてくる花火の音も気に入らないらしい。
それですっかりナーバスになってしまって、河川敷でバーベキューをしている人も、花火をしている人もいない時でも、レモンに「お散歩に行こう。」と声をかけると2階へ逃げていってしまうのである。
お散歩が好きだった頃、そのお散歩がご褒美になるように教えた「リード持ってきて」というコマンドも、もう聞いてくれない。
先月などは、結局10日もお散歩お休みの日があって、このブログの更新頻度よりも高いお休み頻度である。
いくら私がお散歩嫌いな飼い主でも、こんなにお散歩をお休みしていいものかと思い、今月は何とか頑張って、今のところお散歩お休みの日は5日なのだが、逃げるレモンを捕まえて無理矢理お散歩に連れ出しても、尻尾は下がって股の間に収納され、すぐに帰りたがって家の方向へもの凄い力で引っ張るのである。で、かなり短い散歩で終わってしまう日も結構あった。
そのくせ、体を動かす事が嫌でお散歩に行きたくないというわけではなく、むしろ動き回る事は好きなので、お散歩を諦めてお休みにした日や短いお散歩の日などは、家中大爆走なのである。
私相手に、「さあ、追いかけてきて!」と追いかけっこを楽しむ気満々なのである。

先日はとうとう、「レモン、お散歩に行こうよ。」と言ったら、トイレに直行し、しっことうんPをしたのである。
「ほら、もう出す物出したしお散歩に行く必要ないでしょ。」というアピールに見えた。
レモンも、どうしたらお散歩に行かずに済むか、色々考えているのだろうか。
でもなぁ、そもそもお散歩の目的は排泄ではないしなぁ。じゃあお散歩の目的とは何かと言うと、体力を発散させる事によってストレスを軽減させる事だと思う。
それが尻尾が下がって嫌々行くお散歩では、返ってストレスかと、悩んでしまう。
家の中でトイレも体力発散もできているなら、無理にお散歩へ連れ出さなくても良い気もするが、犬はお散歩へ連れて行くべきものと思っている両親に、あーだのこーだの言われるのは、私にとってストレスである。

お散歩は嫌いでも、ドッグランは大好きで、昨日もランへ行く準備を始めると嬉しそうにそわそわしだす。
そこで、「リード持ってきて。」と言うと、ちゃんとリードを持ってくる。
ランで、久々に尻尾をピンと立てたレモンを見たら、なるべくランに連れて行ってあげたいなぁと思うのだが、体力的にお休みのたびにというわけにはいかないのである。
ああ、私がもっとお金持ちなら、もういっそ、ドッグランの側へ引っ越すのに。

このところ、まともな散歩をしていなかったレモンは、ランではいつものボール投げ以外に、のびのびと一人で走り回ったりして本当に楽しそうであった。








愛犬が散歩大好きな方も、散歩嫌いな方もポチッとお願い。
20060131004315.gif矢印←それ、ぽちっとなクリックお願い!

greendog様 nori様 fuku様他 拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

しばらく更新サボっておりましたが、私もレモンも元気である。
皆様もお元気にしておられるであろうか。
さてちょっと遡って、7月半ばくらいのの話である。

足の怪我で最後に病院へ行った日、1ヵ月後くらいにもう一回足を診させてとお医者様に言われていた。
そろそろ1ヶ月が経つ頃なので、病院へ。

足の怪我については、もうびっこを引く事もなく、前の記事の通りドッグランで怪我前と同じ様に遊ばせても何の問題も起きていないので、お医者様が気にしていた左右の関節の可動域の違いはもうまったくないか、もしもまだあったとしても、それは先天的なものであろうといことに落ち着くのではないかと予想していた。
それよりも、ここ最近気になるのは、レモンのお腹の湿疹である。
どうせ病院へ行くのなら、気になるところは診て頂かなくちゃ。

レモンは排泄の後、お尻からお腹の辺りをよく舐めるため、お腹の毛の薄い部分に、汗疹のような湿疹がよく出来るのである。
以前にもそうやってできたときに診て頂き、軟膏を処方されたので、今回も軟膏を出されることになるだろう。
そう思って、自主的には飼い主にお腹を出さないレモンに、私がお腹を見たり触ったりすることに慣れてもらおうと、病院へ行く1週間くらい前から、寝入りばなのレモンに、「レモン、お腹見して~」と言いながらひっくり返し、「お腹、お腹、お腹♪」と言いながらクルクルとお腹を撫で回す事を続けていた。
もしかしてそれがよくなかったのか、ぷつぷつと小さかったお腹の湿疹が、病院へ行く日までに、ちょっと大きめに腫れてきたのである。
大き目といっても直径1センチにも満たないが、見るからに痒そうな腫れである。

果してその湿疹を診て頂くと、少し化膿してきているとのことで、化膿止めの飲み薬と、その薬が少し強めで胃が荒れちゃう子もいるという事で胃腸薬、薬用シャンプーに予想通りの軟膏を出して頂くことになったのだが、一番良い治療法はお腹を舐めさせない事だと、何度も言われてしまった。
ずっと側にいられるわけじゃないから難しいが、幸い私が出かけている間、レモンは私の部屋か母の部屋で寝ている事が多いというので、昼間のその間にお腹を舐めてしまう確率は低いようである。
一番確率が高いのは、お散歩の後、外で出す物出してすっきり気分で帰宅してから、よくお尻やお腹を舐めているので、これを止めさせる事にする。
でも、排泄したあと身奇麗にしたいという、レモンのレディとしての気持ちもとてもよく分かるので、舐める代わりに清潔で柔らかい布などでふきふきするように、心がけてあげようと思う。
ペット用のお尻拭きのようなものも、世の中にはあるが、成分的にあんまり信用できないので、殺菌作用のあるハーブなどで代用しようかと考えている。
人間で言う所のベビーパウダーがあればいいなと思っているのだが、そんな物が世の中にあるだろうか。
ベビーパウダーそのものをわんこ用に使っても良い気もするが、舐めてしまうかもしれない事が最大のネックである。

病院へ行って2日ほど経つが、飲み薬と塗り薬がよく効いて、あっという間に化膿してしまった湿疹の腫れは引いてしまった。
写真に撮っておこうと思っていたのだが、その隙はなかった。
早く治るのはいい事なので、まぁいいや。

そんなことのあった7月だったのだが、お腹を舐めるのを目撃するたびに、止めさせていたら、舐める頻度がぐっと減り、今ではすっかり綺麗なお腹になっている。
けれども毎年、お腹の湿疹には気をつけたほうが良さそうなので、お腹に薬を塗らなきゃならなくなったときのために、今でも時々お腹をクルクルと指先で触らせて貰っているのである。






今日は文章だけで失礼します。
その代わり、(になるのかどうか?)この前カメラを忘れて上手く撮れなかったユキヒョウのラブリーな動画を追記に載せました。
地味な誕生日を迎えたレモンに、ポチッとお願い。

20060131004315.gif矢印←それ、ぽちっとなクリックお願い!


たんぽぽ様 fuku様他 拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。