FC2ブログ

2008年02月24日

2008年02月24日 に関する記事です。
もう随分前の話なのだが、私はレモンのパワーを見くびっていて、お散歩バックに伸縮リードの持ち手部分を入れたまま、首輪に引っ掛ける金具を引っ張り出して、レモンの首輪に装着したのである。
レモンは伸縮リードに付け替えられると、遠くまで自由に動けることを知っているので、普通のリードから伸縮リードに付け替えた途端、バビューンと走っていくのである。
その時の伸縮リードの限界点まで来た時の衝撃を見くびっていたのである。

バリッ!!

と、音がしてお散歩バックはビリッと逝ってしまった。

そこで私は考えた。
この際、自分の理想のお散歩バックを作ろうと。

それまで使っていたお散歩バックは帆布製でショルダーバックとして使っていたが、ベルト通しが付いていて、ベルトを通せばウェストポーチのようにもなると言うところが気に入っていた。
気に入らなかった所は、やや小さくて、伸縮リードとボールをバックに入れると、ファスナーが閉まりきらず、これまで何度ボールを落として紛失したことか。
また、カバンの中に内ポケットがなかったので、雪まみれのボールをしまうと、いざという時のために入っている、“レモンのお財布”の中のお札がべちゃべちゃになってしまうのである。
深さと横幅が共に、あと2センチほど大きかったらいいのに、と、思っていたのである。
どうせなら外側についているポケットは、水入れが入るようにして、回収したウンPを入れておくポケットは、洗えるように取り外しが出来るようにもしたい。
暗い時間にお散歩に行ってもウンPを難なく回収できるように、マグライトホルダーも付けておきたい。
と、我儘ポイントを明確にして、いざ製作を始めたのである。

私は以前、舞台小道具製作の仕事をしていた関係で、ちょっとした帽子やカバンなんかも作っていたので、こんなのチョロイとタカをくくっていたのだが、舞台用のものというのは所詮、観客席から見て成立していればいいのである。勿論それを使う役者の使い勝手も考慮に入れなければいけないが、器用な役者と言うのは、ちょっとくらい使い勝手が悪くても使いこなしてしまうので、使い手によってはその器用さに甘えられたりするのである。

だが今回使うのは、決して器用とはいえない自分自身。物の扱の荒さには自信がある。本人が言うのだから間違いない。
そしてどこまでも実用重視。
そうなると裏布の素材とかまで詰めて考えなくてはいけない。
8割がた構想が固まった所で作り始めたのだが、大雑把に考えていたことを、実際に形にするときには当然細かく考えなくてはいけないわけで、考えながら作っているせいもあるが、いやぁ、カバンってこうまで作る工程の多いものかと、途中でへこたれそうになりながら、やっと完成に至ったのである。

ショルダー部分の紐は、前のカバンのがまだまだ使えるので、材料費節約も兼ねてリサイクルである。
昨日お散歩デビューを果したバッグ

作ってみて、未だ少し改良の余地有りなので、あえてアップにはしませんよ。
粗が目立つし。







皆様はお散歩バックにこだわりあります?ポチッとお願い。
20060131004315.gif
矢印←それ、ぽちっとなポチッとお願い

拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]