FC2ブログ

2008年01月03日

2008年01月03日 に関する記事です。
毎年雪玉まみれになるレモン、歩きにくくなるほど付く雪玉を少しでも何とかしてあげたくて作り始めたリサイクルジャンバー。当初防寒用と言うよりは、雪玉対策としてだったので、お友達わんこの前開きのレインコートを着ている姿を見て、絶対後ろ開きにしようと決めたのである。前開きのレインコートは、隙間があるとそこから雪が入り込み、コートの中で雪玉が成長し、結局コートのボタンでもマジックテープでも開いてしまっていたのである。
それで、犬服作りは初めてにも拘わらず、本の通りの前開きではなくアレンジして後ろ開きにしたのだが、襟をどうするかギリギリまで迷って手こずってしまった。
そんな訳で思いのほか時間が掛かったのだが、年越しにはしたくないという望みはどうにか叶ったのである。

仕上たはいいが、今シーズンは12月末になってもまだ雨が降ったり、冷え込んでも雪は全然降らず、ところどころ雪の溶けた所からアスファルトが覗いているような状態であった。
そんな状態なら、別に今まで着ていた服でも全然いいので、急いで仕上る事もなかったかなぁと思っていたのだが、夕べからどかどか雪が降ったのである。
今シーズン初の除雪車が出動するほどに。

やっぱりね、せっかく作ったんだからどの程度雪玉が防げるものか見てみたいじゃない。
以前試しに着せてみて、不具合を改良してから初めて着せてのお散歩である。

鼻は凍りませんか?

レモンさん、どうかしら?お袖はあんまり長いと踏んで脱げてきてしまうので、踏まない長さギリギリを探りましたのよ。それで袖口を狭目にしたら、袖の中に雪玉が入り込むのも防げるんじゃないかしら?
ええと、すっかりその問題の部分も埋まってますけど、雪玉の付き方はどうですか?


※カーソルを乗せるとレモンが雪の中に顔を突っ込みます。

今日の雪はサラサラで雪玉になってもあまり大きく成長しない雪のようである。
ノーガードの足の方は小さな雪玉は付くものの、歩き方が変になるほどの雪玉にはならなかった。もっとも、あの時よりも毛が短いのも雪玉が大きくならない要因なのかもしれないのだが。

ちょっとしかお友達はいてくれなかったね

さあ、暗くなってきたから帰ろうか。

およ!

帰ってよく見てみると、お腹の方は結構ゴロゴロ付いていた。
お腹側の雪玉対策は難しいよね。






今年もやっぱり雪玉まみれになりそうなレモンに、ポチッとお願い。
20060131004315.gif
矢印←それ、ぽちっとなポチッとお願い

MMG様他 拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]