fc2ブログ

2007年09月16日

2007年09月16日 に関する記事です。
1年ほど前からレモンのお散歩友達に、ケアン×2&ダックス×1の3兄妹がいる。
レモンは半ケアンだが、やはり似ているわんこというのは気になるもので、飼い主同士お互い相手のわんこと、何とかお近付きになりたいと思っているのだが、何分レモンがケアンとの相性が非常に悪いのである。
いつもの犬集会所で出会っても、レモンがガウガウ言い、それに対してケアンの長男が反応してガウガウ、長男がガウガウ言ってるからと妹ケアンとダックスもガウガウとなってしまい、なかなか距離を縮められずにいるのである。

昨日もそんな調子で、ケアン兄妹と少し離れた所でボール遊びをしていたら、そこに小学生の女の子が3人やって来た。
レモンがその子達をボール遊びに誘ったのだが、その子はボール遊びはしたいけど、レモンが足元に持ってきたボールを拾おうとした瞬間にかぶりつかれるんじゃないかとちょっと恐々。
2度ほど犬の触り方や、ボールを拾うタイミングを教えてあげて、後はその子の自主性に任せていたら、上手にレモンとボール遊びが出来るようになったのである。
しめしめ。今日は、レモンコーチの千本ノックのごとく厳しく要求されるボール遊びは、小学生女子に任せてしまえるかも。
とは言うものの、犬と遊ぶ事に慣れていない様子の小学生なので、常に側でリードコントロールしつつ見ている状態ではあったのだが。

そうこうしているうちに、ケアン兄妹達が「そろそろ帰りま~す。また今度ね~♪」と帰りかけたのである。
何故かレモン、相性が悪くてもこの犬集会所にやって来るわんこが帰ろうとすると引き止めようとする。
この時も今の今までボール遊びをしていたのに、ボールをキャッチしたその足で、そのままケアン兄妹の中へ“まだ帰るな”と言わんばかりに突っ込んでいった。
全然ケアン兄妹たちなんか眼中にない感じで遊んでいたので、私も油断してしまって、伸縮リードが伸びていかないようにストッパーをかけるタイミングをはずしてしまった。
おかげでケアン兄妹たちにしこたまガウガウされて、一時騒然となってしまったのである。

小学生はその様子を見て、「え~!?今の何?喧嘩なの~?」とすっかり恐れを成してしまったようである。
更にその上、ケアン兄妹達が遠ざかったのを確認して、レモンが再びボール遊びに戻ろうとした時、「あら!?レモン!耳どうしたの?」
血みどろの耳

どうもケアン兄妹に突っ込んでいった時に、歯が引っ掛かったらしいのだ。レモンの方はボールを咥えたまま行ったので、向こうに怪我を負わせていないと思うが、絶対にボールを放さないせいで上手く避ける事も応戦することもできなかったようなのである。
しかもその後、ブルブルしたので、血が少し飛び散っちゃってるし。
これで決定的に小学生、どん引きである。

「えーっとね…、皆が遊んでて転んだりした時に擦り傷作るのとおんなじ感じで、いっぱい血が出ているように見えるけど、大したことないんだよ。」(※時と場合に因るので大人は鵜呑みにしてはいけません。)と、フォローはしてみたものの、小学生達はもうすっかりゼロやる気。
怖い思いをさせてすまなかったね。

ちなみにレモンは自分が怪我したことに全く気付いてない感じ。
家に帰ってまたお風呂場直行になったのだが、痛くも痒くもない様子なので写真を撮ってみた。

怪我しちゃったの

暗いし角度が悪くてあんまり分かりませんね。

アップにしてみた

傷は本当に小さくてどこだか分からないくらいなんだけど、毛について広がるから、派手に怪我した様に見えるんだよね。






レモンよ、もう少しおしとやかになってくれいと思う飼い主に、ポチッとお願い。
20060131004315.gif矢印←それ、ぽちっとなクリックお願い!

nori様 くりん様 ねいね様 スムチー母様他 拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]