fc2ブログ

2007年09月12日

2007年09月12日 に関する記事です。
日付が変わってしまったので、昨日の話しになる。

連日のぐずりタイムに辟易していたので、頑張ってドッグランへ行ってきたのである。
無防備な格好で行ったのだが、もの凄い蚊にたかられてしまった。お世話になっているドッグランには蚊取りラケットなる物があり、その名の通り、ラケット型の蚊撃退グッズなのである。スイッチを押すとラケットの網部分に電圧がかかりそこに触れた蚊は、焼け死ぬという仕組みである。
片手でレモンのボールを放り投げ、もう片方の手でラケットを振り回していたので写真は全然撮れなかったのである。
だが、まぁ、いつも通り楽しいドッグランであったというだけの話である。
レモンに災難が降りかかったのは、帰宅してからであった。

ランの土は先日の雨で湿っていて、スライディングしながらボールを取ったりもするレモンの足はドロドロであった。
どの道ランではリードなしで思いっきり駆け回るのだから、いつもの散歩のような訳には行かない。当然、帰宅すると玄関前からレモンを抱えて、そのままお風呂場へ直行である。

ウチのお風呂場は黒いタイルなの

「待っててね。」と声を掛けながらレモンをお風呂場に残し、帽子とお散歩バックを取り、リードを片し、上着を脱ぎ、靴下も脱ぎズボンの裾をたくし上げて「レモちゃん、お待たせ。」となるのがいつものセオリーである。
ところが、帽子とカバンを取った所でお風呂場から

何の音!?
と、不穏な音がしたのである。
一瞬何事かと思ったのだが、私にはピンときた。次の瞬間にはお風呂場へとすっ飛んでいく私。

何やっとんじゃ!
ああ、やっぱり…。

いつもレモンはお風呂にフタがしてあると、教えたわけでもないのにそこへ飛び乗って待機するのだが、私は常々いつかこのフタがレモンの飛び乗った瞬間にはずれて、レモンがお風呂の中へダイブすることになるんじゃないかと思っていたのである。
幸いお風呂の水の量は大したことなく、大した事があったとしてもお風呂のフタがお風呂の中へ斜めに入り込んだ状態で、ちょうどレモンの足場になる台の役割を果たしていて、溺れる事はなかったのだが、かと言って斜めになった足場は不安定でレモンは自力で脱出できずにいたのである。
後から落ち着いて考えると、何とも情けない姿だが、咄嗟のその時には『レモンが大変!!』と、まだ脱いでいない長袖の上着の袖を、たくし上げる事も忘れて、慌ててジャブンとお湯の中に腕を突っ込みレモンを救出したのである。

当のレモンは少し困ったような表情ではあったが、突然お湯の中に落ちた割りには特にパニックにもなっていなかったのである。

大物なんだか何なんだか。






その後またお風呂にフタをしたら、何の躊躇もなくレモンはまたフタの上に上がった。お湯の中に落ちた事は大したショックじゃないらしいレモンに、ポチッとお願い。
20060131004315.gif矢印←それ、ぽちっとなクリックお願い!

たんぽぽ様 ぷっちょのママ様 スムチー母様 ベリエ様他 拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]