fc2ブログ

2007年09月01日

2007年09月01日 に関する記事です。
札幌は最近めっきり過ごしやすくなってきた。
そのおかげか夏バテ気味だったレモンが、元気復活してきたのである。
相変わらず朝はアンニュイで、無理矢理起こして居間へ強制的に連れて行かないと、朝ご飯は食べてくれないし、食べても必ず残すのだが、一時期の全く見向きもしないというような事はなくなったのである。

それは嬉しい事なのだが、元気復活と共に、夜のぐずりタイムも復活である。
そういえばいつの間にかぐずりタイムがなくなっていたのである。
熱帯夜の続いたちょっと前くらいから、もうレモンには暑くて寝苦しく、ぐずってる暇があったら何とか寝ようという感じだったのかもしれない。
それが数日前から突然夜中に起きだして一人遊びを始めるのである。一人遊びなんだから一人で遊んでいればいいものを、例によって見守っていないとワンワン吠える。相変わらずうざいのである。

そんな体力全開の先日の夜、私はアレルギー鼻炎の薬を飲んでその副作用で強烈に眠かったので、パソコンタイムを早めに切り上げて布団へ入ったのである。
レモンは一人遊びからテニスボールを舐る遊び(なのか?)に移行して、いつまでも舐めたり齧ったり表面の布をチミチミ剥がしたりで、ゴソゴソしているのである。
そのくらいなら静かにしているのだし、まぁ許してやってもいいのだが、それが始まるともの凄い唾液の量でレモンの下にあるマットなり布なりは必ずベッチャベチャになるのである。
その時レモンのいたところは、私の布団、しかも私の頭の上くらいの所でシーツの上であった。
これはどうもよろしくない。寝返りをうった時にべちゃべちゃの末のひんやりとした感触で、夜中に目を覚ます事になりそうである。いつまでもボールを舐めていないで、そろそろレモンにも寝てもらおうと思い、ボールを取り上げてレモンの届かない机の上に置いたのである。

これが良くなかった。
レモンはいつまでも取られたボールに執着し、哀れっぽい声で鼻鳴きはするは、何とか机の上のボールの場所を確認しようと立ったり離れて見たり、返ってドタバタ騒がしく、寝るどころではなくなってしまった。
こんな時、取り上げたボールをレモンに返した方がいいのか、それとも頑として取り上げたままの方がいいのか、寝ながら思案していた時である。

何してくれる!


私の顔を踏み台にしやがった。
あんまり騒がしいので結局ボールはレモンに返してやったのである。






返したらすぐにすんなり寝てくれた。何だか踏まれ損…。そんな気のする飼い主に、ポチッとお願い。
20060131004315.gif矢印←それ、ぽちっとなクリックお願い!

拍手を送ってくださった皆様、ありがとうございます♪
そちらも励みになってます♪コメントも嬉しゅうございます♪
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]