fc2ブログ

2006年06月11日

2006年06月11日 に関する記事です。
相変わらずリードを操りながら写真を撮ることの出来ないワタクシ。
お散歩中によく出会うレモンのお友達と、レモンが戯れている写真を撮れずにいる。他のわん様と楽しく遊んでる姿をカメラに収めたいのだが、なかなか至難の業である。
両手がフリーになっているドッグランでは、いつものお友達ほどには楽しく遊べないし、思うようにいかないものである。

大抵の犬は自分の目線と同じ高さに目線のある犬と、仲良くなりやすいのだそうである。しかし、個々の性格や育った環境によっては相手の大きさに関係なく仲良く遊べる犬もいる。
ジャックラッセルテリアなんかは、大きな犬とも平気で遊ぶとよく聞くが、勿論そうでないジャックもいる。以前アフガンハウンドと一緒に生活しているトイプードルにランで出合ったが、大きな犬と一緒に暮らしている子はやはり大きな犬に対して抵抗はないようで、ラブラドールやハスキーなんかと上手に遊んでいた。

さてさてジャックラッセルの血が入ってるレモンはどうかと言うと、以前にも書いた通りランでは大きな犬に尻込みがちである。
しかし、いつものお散歩コースで出会う黒ラブ、黄ラブ、ハスキーには積極的に近付いて、遊ぼうよと誘いをかけたりもする。
特にレモンよりちょっと年下の黒ラブ君とは、互いに気があったようで追いかけっこをして遊んだりするのである。
ただお散歩の時間が合わないみたいで、滅多に会えないのが残念なのだ。

お友達と遊んでる所は撮れなかったが、レモンのお散歩前の一仕事は撮れたので、ご覧下さい。

※レモンがお散歩が待ちきれず吠えたりしてるので、音を出して再生する場合はご注意下さい。


何だかまたもや部屋が暗いのだが、そこはご愛嬌。






見事にサッカーをするボーダーコリーをテレビで見たよ。かっちょこいいのだ。レモンもあんな風に出来たらすごいよね。ポチッとお願い
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]