fc2ブログ

2006年03月25日

2006年03月25日 に関する記事です。
以前工事現場のおじさんに良くして貰っているという記事を書いたが、(詳細はここ)この工事現場がお休みの日は閉まっている出入り口の前で、レモンが座り込んでなかなか動かなくなってしまった。前からその傾向はあったが、出入り口の隙間から中を覗き込んで諦める感じだったのが、日に日にそこでおじさんに会う事への執着が増していったのだと思われる。
おじさん待ち

これにはちょっと困った。「今日はおじさん、休みだよ。」と言った所で犬には通じない。
おじさんもまたレモンに会うのを楽しみにしてくれていたのであろうが、暫らく散歩コースを変更することにした。
了見の狭い犬飼いですまない、おじさん。
レモンも薄情なもので、「今日はこっちから行くよ。」と言っても別段不満はないようである。但し、おじさんのいる道の側へ差し掛かるとやはりテンションが上がってくる。

ペット先進国と言われているような国では、一般的なマナーとして、いくら可愛くても不用意に飼い主と一緒にいる犬等に声を掛けたりはしないそうである。そうする事の意味が、私にはイマイチ解っていなかったが、この度のレモンの様な事になってしまうからなのではないかと思ったしだいである。
他にも、脚側歩行の訓練中であったりするなら、集中力が途切れてしまったりするものね。
そういえば、盲導犬のお仕事中には声を掛けないで下さいなんて言うし。声を掛けるなら、その盲導犬を連れてる方に「何か困っていませんか?」と言うと助かる事があるのらしい。

話を戻すが、そんな訳で散歩コースを変更したが、いつまでこの道から遠ざかっていれば忘れてくれるのであろうか。それともいつまでもこの道にさしかかれば、あのおじさんを探すのであろうか。

工事が終わっておじさんが姿を消す前に1度くらいは、おじさんに会わせてあげてもいいけどね。
でもそのおじさんへの媚びっぷりが、恥ずかしいやら妬けちゃうやらと思っている私を少しは感じ取ってほしいと思っているのだよ、レモン。





飼い主、了見が狭いぞと思った方も、レモンちゃんちょっと薄情ねと思った方もポチッとお願い
20060131004315.gif
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]