FC2ブログ

2006年03月19日

2006年03月19日 に関する記事です。
いつもお世話になっているドッグランのオーナーさんから聞いた話。

かなりハイテンションでよく走るとあるジャックラッセル君、飼い主含め皆『疲れ知らずの奴だな。』と思って見ていたそうだ。しかしこのジャック君ひとしきり走り狂った挙句突然パタンと倒れてしまった。体力の限界までトーンダウンすることなく走っていたという訳である。当然その場にいた皆が驚いたそうだが、この犬は暫らくクールダウンさせただけで何事もなかったそうである。飼い主さんもさぞや驚いたことであろう。

我が家の体力魔人、ハイパーレモンはその辺のところはどうかといえば、ドッグランで走り倒していても、疲れてくると走る速度も遅くなりさらに疲れると勝手に休憩しているので、ラン内で突然パタンといく心配はないようである。
休憩中

しかし私の心配は帰りにある。
ドッグランで充分遊んでどうやら疲れて休憩しがちになってきたので、帰るとするかとリードを付けてランから連れ出すと、ランでの自由運動とリード付きのお散歩はまた別と言わんばかりにテンションが上がる。
さっきまで休憩したりしてたのにどこにこんな体力がと思うほど、帰る道すがら出会う犬ごとに、挨拶させてくれ~と大暴れ。すれ違った人の「かわいい~」という声が聞こえてこようものなら、遊ばせてくれ~とまた大暴れ。そのくせ家に到着するとパタンキュ~とすぐに寝てしまう。よほど疲れたようで片耳も垂れている
そのうちランからの帰りに行き倒れるのではないかと真に心配である。




ウチの犬は体力温存型という方も、ウチのは限界知らずという方もポチッとお願い
20060131004315.gif
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]