fc2ブログ

2006年03月17日

2006年03月17日 に関する記事です。
レモンはあまりアイコンタクトをしてこない犬である。
結果的に私はレモンの後頭部ばかり見ることになる。そのこと自体はあまり褒められたことではないのだが、私自身はレモンのチャームポイントはこの後頭部だと思っている。

見よ!これがレモンの後頭部だ!!
この、薄いクリーム色から赤茶までの様々な茶系の色合いが織り成す、味わい深い毛束だらけの後頭部。画像でどこまでその感じが伝わるか解らないが、できることなら生レモン後頭部をお見せしに回りたいくらいである。
さぞや柔らかいのであろうと手を伸ばして頭を撫でてみれば、期待を裏切る意外と固めの毛質もまた、極々ささやかなビックリサプライズ感があって好ましい。
逆にいつもレモンに触りなれてる私は、他のワン様に触れた時そのあまりにフカフカの柔らかさにかなりウットリしてしまう。そんな本当にささやかな感触の違いに、そして柔らかいって気持ちいいというプチな幸福に気付かせてくれる、大変ありがたい後頭部である。

え?結局気持ちいいのは他のウチのワン様じゃないかって?
そんなことは気にしちゃいけません。




レモンの後頭部を触ってみたくなった方も、頭ボサボサじゃないのと思った方もポチッとお願い
20060131004315.gif
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]