fc2ブログ

2006年02月25日

2006年02月25日 に関する記事です。
レモンは普段のお散歩の時とドッグランへ行った時とでは、少々性格が変わる。

普段の散歩の時は、犬に出会うととにかく挨拶させてくれと、相手の犬の大きさなどおかまいなしで物凄く暴れる。強気な暴れ犬である。運良く挨拶させて貰える段になって、初めて相手のでかさにビビってみたりしている。
相手を良く見てから、挨拶をせがむなり何なりして欲しいものである。

ドッグランではとにかくビビリ犬である。
相手がさほど大きくない場合や、子犬であってもとりあえずビビる。
尻尾も下がって、ラン内にあるテラスのベンチの下に入って逃げ回る。
時間が経って相手の犬に慣れてくれば、尻尾も上がって平気で遊ぶようにもなるが、基本的にややビビリである。
しつこく追いかけてくるタイプの犬には、時間が経ってもあまり打ち解けないようである。

でかい犬が…(柵の向こうだろ!)

この違いは何だろうか?
いつもの散歩の時だとテリトリー意識が芽生えて強気になっているのだろうか?
いやいや、いつもの散歩コースの時だけ暴れ犬なら、おそらくそれで間違いないであろうが、ドッグランに行った時にしか通らない道であっても、一度ランから出ると、ビビリ犬から暴れ犬モードに切り替わるので、テリトリー意識云々ではないように思える。
じゃあ、何で?

そんなことを疑問に思いつつドッグランでレモンを眺めていたある日、大型犬が帰り際にラン内のど真ん中でリードを着けられた瞬間、それまで遠巻きにその犬を眺めてたレモンが動いた。
強気の姿勢で近付いていく。いや、若干へっぴり腰ではあるか。

もしかしてレモン、リードの何たるかを知っている?
いざとなったら相手の飼い主さんがリードを引いて、そのでかい犬を引き止めてくれると思ってる?
そうだとすると、自分にもリードが付いていれば益々安心で、もしもの時は相手の飼い主も自分の飼い主も安全な距離を保ってくれるとでも思っているのだろうか?
あなた任せかい!?
ある程度の自分の身の安全は、自分自身で確保して欲しいものである。

後日いつもの散歩コースで、飼い主さんに付いて歩く賢そうなノーリードのラブラドールレトリーバーに出会った時、レモンの動きがピタリと止まった。




レモンてもしかしてある意味賢い!?と思った方も、強気なのか弱気なのかはっきりしろい!!と思った方もポチッとお願い
20060131004315.gif
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]