fc2ブログ

2006年02月15日

2006年02月15日 に関する記事です。
レモンはかなり懲りない性格の犬だと思う。
直して欲しいところは沢山あるがその中の一つ、甘噛みを例にしてみよう。

レモンを迎えた当初、どれを調べてもジャックラッセルもケアンも子犬の頃からダメな事はダメ!!としっかり教え込まないといけないと書いてあった。他の犬種だってそうなのだろうが、あえてこう書かれているという事は、成長してからの軌道修正がしにくいという事なのかもしれない。とにかく他所様に直接害を及ぼす事なので、噛み癖だけは付けさせる訳にはいかない。

そこで手にじゃれ付いてきた時には、マニュアル母さんよろしく、本に書かれてあった通りまずは無視攻撃。しかし一向に効いてる気配がない。そういえばケアンの性格に独立心旺盛と書いてあったような気が…。無視されても平気なのかもしれない。
次に試したのは、ひっくり返して首元を押さえつける。しかしこうするとレモンの闘争心に火が点くのらしく、益々激しく大暴れ。目付きもワッルーい感じに。てんで効果なし。
次は、手をにしてグリグリ~っと口の中に押し込む。レモンもこれにはオエ~っとなって前足で必死に口から手を出そうとするが、これも結局はレモンの心のリングのレフェリーに「ファイッ!」と叫ばせてしまうようだ。ちっとも懲りない。
マズルコントロールも同様。
仕方がないので自己流で、とにかく噛むと嫌な事がおこると覚え込ませようと、歯をいじりまくったり、舌を摘みまくったり、ビターアップルを手に吹きかけたりしたが、どれも効力無し。

だからやめろっつーの!!

甘噛みタイムが始まって、下顎をガシッと捕まれて「アガガガ」となってるレモン。これでも益々息が荒くなる。

それでも、嘘のようにピタッとやめる方法がない訳ではない。
以前あまりしつこくガウガウした時に、母が何故かテレビのリモコンでビンタ一発!以来、テレビのリモコンをかざして叩くフリをするだけで、とりあえずは止める。だがこれも一時しのぎで根本的な解決にはなっていない。第一リモコンがいつも傍にあるとは限らない。

レモンが手に挑みかかってくる時はどんな時か考えると、レモンにしつこくベタベタイチャイチャしようとした時。「そんなに私と遊びたいなら、勝負よ!」って事なのか?
それと、レモンが退屈で遊んでほしい時。こういう時は、ボール遊び等に移行出来るが、犬の相手なぞしてられない時間も多々ある訳でなかなかうっとおしい。

とにかく甘噛みタイムが始まると、決してそのままにせず、時には上記の事を全てやり尽くしたりするが、根本的な所が一向に改善している気配がない。本当に只々懲りない性格なのだろうか?

上記の方法以外で、これで一発で甘噛みしなくなったという経験をお持ちの方、懲りない犬にはこれが効く!という方法を知っている方、その方法教えて下さい



時々手が青痣だらけになる飼い主に同情してポチッとお願い
20060131004315.gif

スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]